音声、情報、ヒントを録音する

オーディオ録音は、iDoceo の重要な部分です。 音楽の演奏やイベントを録音したり、音声注釈を付けたり、授業全体を録音したりできます。その後、電子メールで生徒に送信したり、iPad の別のアプリに簡単にエクスポートしたりできます。

音声を含むことができる要素

クラス、セル、メモ、ヘッダー、日記、プランナー、掲示板、学生など、iDoceo のどこにでもオーディオ録音を追加できます。注釈の詳細については、こちらを参照してください。 任意のセルに注釈を追加 リソースについて (詳細を見る)。


オーディオストレージ

オーディオは iDoceo 内の内部フォルダーに保存されます。つまり、iDoceo のバックアップにはオーディオ ファイルも含まれます。

オーディオファイル形式

オーディオ ファイルは .m4a として保存されます。 生成されたファイルは圧縮され (別名非可逆ファイル形式)、再生するとまともなオーディオ品質以上のものを得ることができます。
400 分間のオーディオ ファイルには、約 XNUMXKB のディスク容量が必要です

iDoceo の任意のオーディオ ファイルをタップすると、再生が開始されます。

なぜMP3ではないのですか?

MP3 ファイルの作成は CPU とメモリの両方を消費するため、バッテリーの消耗が早くなります。 私たちは iPad があなたの仕事に不可欠なツールであることを理解しており、私たちの優先事項の XNUMX つはバッテリー寿命を最大限に保つことです。

その音声ファイルにアクセスする必要があります。

iDoceo のすべてのリソースに簡単にアクセスできます。 利用可能なオプションの一部を次に示します。

  • オーディオ ファイルの横にある XNUMX つの点をタップ > [エクスポート]
  • 成績表ビューから > ツール > リソース マネージャー > エクスポート
  • 成績表ビューから > エクスポート > リソースのエクスポート
  • iDoceo のメイン メニュー > PC/Mac Wifi から
  • iDoceo のメイン メニュー > リソースから


先生のiPad


バックグラウンドでオーディオを録音する

これは、他の機能を使用しながらバックグラウンドで記録を維持できる興味深い機能です。 apps. インターネットを閲覧したり、iBooks で本を読んだり、他のアプリを使用したりしながら、クラス全体を記録できます。
記録を続けるには、通常の記録プロセスを開始してから、iDoceo を ホームボタンをタップします
iDoceo でまだ録音中であることを示すこの赤いマイクが常に表示されます。 停止するには、最初に小さなマイクロをタップして、通常どおりに録音を停止します。


バックグラウンドでオーディオを再生する

オーディオファイルの再生を開始するとすぐに、切り替えることができます apps. それは再生し続けます!



関連記事 ファイルとリンクの追加
任意のセルに注釈を追加