iDoceo のデータを古いデバイス (iPad、iPhone、または Mac) から新しいデバイスに転送します

データを転送するには、iDoceo から作成されたバックアップが必要です

iDoceo のバックアップに関するすべての詳細が説明されています。 ここに。
要約すると、データ転送に必要な手順は次のとおりです。

古いデバイス (iPad、iPhone、または Mac)

開始する必要があるのは、転送したいiDoceoデータがすべてある古いデバイスです。

古いデバイスの iDoceo のメニュー > 設定 > 復元する > 手動バックアップ

手動バックアップを作成する前に、 バックアップ用のパスワードを忘れずに設定し、安全に保管することが重要です。 このパスワードは、新しいデバイス iDoceo でこのバックアップを復元するために必要なパスワードになります。 [手動バックアップ] メニューの最後のオプションを選択するときにパスワードを設定します。 「バックアップ アーカイブのパスワード」。
パスワード
プロセスは簡単ですが、必ず確認する必要があります。 バックアップを作成する あなたから 古いデバイス iDoceo、実際にデータがある場所、および バックアップを復元する 自分で 新しいデバイス iDoceo。

新しいデバイス (iPad、iPhone または Mac)

iDoceo からバックアップを作成し、選択した場所に安全に保存したら、新しいデバイスでそのバックアップを復元する XNUMX 番目のステップに進みます。

新しいデバイスから、iDoceo メニュー > 設定 > バックアップと復元 > バックアップのリストア > バックアップ ファイルを保存した場所を選択します。

バックアップファイルを検索する 復元したいものをクリックします。 その後、聞かれると バックアップを作成したときに設定したパスワードを導入し、 プロセスを続行します。

最後のステップは、iDoceo が 再起動する必要があります。 このメッセージは あなたの情報のためだけに、クリックすると OK、iDoceo は自動的に閉じます。 自動的に閉じるには iDoceo を終了する必要があります. その後、iDoceo を再度開くだけで、データが正常に復元されます。

これは バックアップを復元する唯一の方法、およびそのため、バックアップファイルがどこに保存されているかに関係なく同じです(Googleドライブ、iCloud、One Drive、Dropbox、他の宛先およびWebDAVサーバーへ)。
古いデバイスの iDoceo で行ったのと同じ Apple ID を使用して、新しいデバイスに Apple App Store から iDoceo をダウンロードする必要があります。
iCloud または iTunes 経由の Apple バックアップには、iDoceo のデータは含まれません。 あるデバイスから別のデバイスにデータを転送するには、この記事で説明されている方法を使用する必要があります。