データを iDoceo にインポートする

クラス一覧から >20 > CSV/XLS ファイルをインポートします。 インポート ウィザードが手順を案内します。

ファイルがすでに iPad にあり、Numbers に保存されている場合は、 詳細を見る あなたのためのクイックガイドです。

ファイルをクラスのリストにドラッグ アンド ドロップしてインポートすることもできます。
画像
[開く] > [iDoceo] を使用して、ファイルをインポートすることもできます。 「インポート ウィザード」を使用し、手順に従って、データを使用して新しいクラスを作成したり、データを既存のクラスに追加したりできます。 この方法は柔軟性があり、CSV または XLS ファイルのヘッダーに編集を加える必要はありません。
何らかの理由で XLS/XLSX または CSV ファイルを使用できない場合でも、生徒の名前を テキストベースのソース Pages、PDF、Word のように、 コピーペースト 特徴。 詳細については、以下のビデオをご覧ください。

インポートできる形式は?

iDoceo は以下からデータをインポートできます CSV 及び XLS/XLSX ファイル。 表計算ソフトウェア (MS Excel、Numbers、Open Office、LibreOffice など) は、これらのファイルをエクスポートして生成することができます。

XLS/XLSX ファイルで作業することをお勧めします

CSV/XLS/XLSX ファイルを保持しているアプリまたは場所から、[開く] > [iDoceo] をタップすると、ここで説明するさまざまなオプションが表示されます。 の インポートウィザード 残りはあなたに代わって行います。
iDoceo では、XLS/XLSX ファイルで複数のシートが検出された場合に、インポートするシートを選択できます。
画像

iDoceo で「開く」ときにインポート ウィザード オプションが表示されない

これは、ファイルが CSV でも XLS/XLSX でもないことを意味します。

適切なファイル拡張子をインポートしていることを確認してください。 一度に複数の CSV シートをインポートしようとすると、Numbers は iDoceo で処理できない ZIP ファイルを作成します。 ファイルはで終わる必要があります .csv、.xls、または .xlsx

どの情報をインポートできますか?

生徒、生徒の個人データ、コラム、成績。

学生時代の写真は?

最初に生徒の名前を iDoceo にインポートする必要があります。次のステップです。 ここで説明します。

適切にインポートするには、情報をどのようにフォーマットする必要がありますか?

唯一の必須要件は、 XNUMX つの行には XNUMX 人の生徒のデータが含まれている必要があります. 異なる行に広げることはできません。

オプションで、別の要件として、スプレッドシートの最初の行が保持されている必要があります 列名。

そうしないことを選択した場合、インポートは機能しますが、列ヘッダーのテキストは 空の.

画像

インポート ウィザード

これは、CSV または XLS/XLSX ファイルを iDoceo にインポートするためのデフォルトで唯一の方法です。 インポートの XNUMX つの方法すべて、ドラッグ & ドロップ、CSV/XLS ファイルのインポート、または [開く] > iDoceo で使用されます。 私にはXNUMXつの段階があります。
1
ヘッダー行の選択: このステップでは、列ヘッダーの場所 (学生、誕生日、学生 ID、宿題 1、試験 1 など) を選択する必要があります。 さらに、ファイルに複数のシートがある場合は、インポートするシートを選択できます。
画像
2
学生名構成: ここでは、どの列ヘッダーが名前と姓であるかを示します。
インポート
3
個人データ: このステップでは、どの列ヘッダーがどの個人データ フィールドを表すかを割り当てます。たとえば、学生 ID 列ヘッダーは ID であり、父の列は父の名前です。 個人データ フィールドを表さないすべての列は空のままにします。
インポート
4
成績表データ: 前のステップで空のままにしたすべての列が、このステップで自動的に選択されます。 これらの列は成績表の列として追加されます。 それらのいずれかを評定表に追加したくない場合は、XNUMX 回のタップで列ヘッダーの選択を解除します。
インポート
5
インポート: ウィザードの最後のステップでは、このすべてのデータを使用して新しいクラスを作成するか、このデータを iDoceo の既存のクラスに追加するかを決定します。
インポート

CSV ファイルに関するその他の詳細はありますか?

はい、スプレッドシート ソフトウェアで許可されている場合は、ファイルを次の場所に保存することを選択する必要があります。 UTF-8 (ユニコード) エンコーディング.

そうしないと、インポート時にアクセントの代わりに奇妙な文字が表示される場合があります (英語を話さない国にいる場合)。

XLS ファイルに関するその他の詳細はありますか?

はい、かなり最近の MS Excel から XLS 形式で保存する必要があります (つまり、Excel 2000 は動作しますが、Excel 95 は動作しません)。

開く > iDoceo

iPhone または iPad から、ファイルがある場所に移動します。

iPad ストレージ (ファイル アプリ) またはメール: ファイルを開いてエクスポートボタンを選択し、次にiDoceoを選択してタップします。 

グーグルドライブ: ファイルを見つけて、XNUMX つのドット > [開く] > [iDoceo を選択] をクリックします。

Dropbox: XNUMX つのドットを選択し、[共有] > [ファイルをエクスポート] を選択してから、iDoceo を探します。

その他の場所: エクスポート/開く/共有オプションを探して、iDoceo を選択します。

iDoceo に移動すると、 インポートウィザードが自動的に開きます.
画像
画像
画像
画像
Mac で [開く] オプションを使用することもできます。ファイルがある場所に移動し、右クリック > で開く > アイドセオ

生徒の個人情報で Dropbox や Google ドライブ、その他のクラウド アプリを使用することはできません

独自の iPhone、iPad、または Mac ストレージを使用して、そこから開くか、iDoceo にドラッグ & ドロップしてファイルをインポートできます。 
デバイス間でファイルを転送するには、個人の電子メール、USB、または Wifi ディスクを使用できます apps ファイルを転送します。

既存のクラスへのデータの追加: このクラスには既に何人かの生徒がいます。インポートするとどうなりますか?

iDoceo は、インポート時に同じ名前の学生を見つけようとし、再度インポートすることはありません (個人データのみが更新されます)。 新しい学生は、既存の学生と一緒にインポートされます。

生徒の名前が含まれる単一列の CSV をインポートするのに問題があります

CSV にエクスポートするときに 2 つまたは 3 つの空の列を追加してみてください。これにより、iDoceo が適切な CSV 形式を判断するのに役立ちます。

Windows マシンで CSV ファイルを作成しようとしている場合

エクスポートするときは、CSV および MAC (UTF-8) ファイル形式を指定できる必要があります。これにより、iDoceo がファイルを操作しやすくなります。