計算結果をアイコンで表示

この例では、計算の結果をアイコンとして表示します。
計算結果には小数が含まれる可能性があり、XNUMX つの数値を XNUMX つのアイコンにリンクする必要があるため、最初に丸め列を追加します。
その後、最終的なものを追加できるようになります アイコン変換

要するに、これらは次の手順になります。
  • 丸めと各アイコンに割り当てられた値を使用して成績タイプを構成します
  • 成績表に四捨五入欄を追加(計算欄)
  • 丸めの結果をアイコンとして表示するアイコン変換を追加します (計算列)
この例のすべてのグレードは 0 から 5 ですが、他のグレード タイプを使用することもできます。


テンプレートを使用して、この例とその構成をインポートできます。
これには、サンプル データ、列、グレード タイプの構成が含まれます。
iPadからダウンロードして、 で開きます。 アイドセオ > 1234のパスワード


成績タイプの設定

テンプレートをインポートした場合、これらの手順は必要ありません
From iDoceoのメイン画面 > 三点メニュー(中央) > 成績の種​​類


追加 > 数値グレード > 最大。 5分。 0

丸めをタップ 必要なものを適用します。 この例では ラウンド 1 付近
これにより、4.6 が 5 に、4.4 が 4 に変わります。


アイコンをタップして、各値にリンクするアイコンを割り当てます





丸め列の追加

成績表ビューから、丸め列を追加します。

ヘッダーをタップ 元の計算の、 行われ
ダブルタップ この新しい列のヘッダーに、最近作成されたグレードを適用してください。


で、これが結果になります




「アイコンへの変換」列の追加

最初に「結果をアイコンとして表示」計算を有効にする必要があります。 デフォルトでは非表示になっています
iDoceoのメイン画面から、 歯車アイコン (トップ バー) > セル エディター、計算 > 下にスクロールして [結果をアイコンとして表示] を有効にします。

この計算を成績表に追加できるようになりました

丸め平均をタップします 結果ヘッダー、 行われ
この新しい列のヘッダーをダブルタップして、 グレードタイプ 最近作成した 0 ~ 5 のグレードに設定されています。 ここで、アイコン変換が定義されます。

これが結果になります
また、ご購読はいつでも停止することが可能です 隠す いつでも四捨五入または平均の列を表示し (ヘッダーをタップ アンド ホールド > 非表示)、アイコンのみを表示します