数式: IF 条件

製品説明
IF 条件は、定義された数式に応じて、XNUMX つまたは別の操作を実行します。
数式と条件は、必要に応じて複雑にすることができ、ネストしたり、ブール演算子を含めたりすることができます。
フォーマット

IF ( 式, operation_if_true)

この形式では、式が true の場合、操作は完了します。

IF (式、操作_if_true、操作_if_false)

この XNUMX 番目の形式では、式が true の場合、最初の操作が実行されます。
false の場合、XNUMX 番目の処理が続行されます



例1


この最初の式は次のように読みます。 IF Test1 が 60 より大きい場合、緑色のスマイリー アイコンを表示します
式はこんな感じ


そしてこれが結果です

例2

前の例と似ていますが、この例では IF 条件の XNUMX 番目の形式を使用します。 最初の式が一致する場合は最初の操作を実行し、一致しない場合は XNUMX 番目の操作を実行します。
このように読みますが、 IF test1 が 60 より大きい場合は緑のスマイリー アイコンを表示し、そうでない場合は赤のスマイリー アイコンを表示します

そしてここに結果

前の式は、このように表すこともできます。 考えられるすべての結果が考慮されるように、XNUMX 番目の条件の小なり等号に注意してください。


例3

この例では、条件に入れる最初の式の無制限のオプションが表示されます
この数式では、TEST1 の値が 60 より大きく 80 より小さい場合、黄色のスマイリーを表示します。
式は次のようになります