PE Gradebook のサンプル: 男の子と女の子の学年へのクーパー テスト

少し違うサンプルを追加しました こちらのフォーラムで . カテゴリとグレードの変換で機能します。

この例では、男の子用と女の子用の XNUMX つの異なる Cooper テストを成績に変換します。
最終結果/成績はさまざまな方法で表示できますが、このサンプル例では、パーセンテージ、テキスト、および 0 ~ 10 の値として表示されます。 

参考までに、これは使用する Km 単位の Cooper テスト値です。 他のテストと値も同様に機能します。

Result ボーイズ ガールズ
10 3.0Km 2.5Km
9 2.83Km 2.35Km
8 2.66Km 2.20Km
7 2.49Km 2.05Km
6 2.32Km 1.90Km
5 2.15Km 1.75Km
4 1.98Km 1.60Km
3 1.81Km 1.45Km
2 1.64Km 1.30Km
1 1.47Km 1.15Km
0 1.30Km 1.00Km
テンプレートをダウンロードすることで、このまったく同じサンプルをゲードブックにインポートできます。
データ、列、成績タイプが含まれます
iPadからダウンロードして、 で開きます。 アイドセオ > 1234のパスワード
サンプルはこんな感じ

 

等級タイプの作成

 表の値を使用して、男子用と女子用に別の学年を作成します。
世界 グレード変換 これに最適な等級タイプです
iDoceoのメイン画面で、 XNUMX つのドット ボタン (中央上部のバー) > 成績の種​​類 > 追加 > 成績の変換

メディア 入力値、テーブルの最小値と最大値である 1.30 から 3.0 を設定します。
世界 出力グレードタイプ、0 ~ 10 に設定されます
以下の表 (入力 -> 結果) に、表の主な値を追加します。 私たちの場合、それらすべてを追加する必要はありません。これは、KM と結果の成績の間に線形相関があり、iDoceo が最大値と最小値の間のすべての値を自動的に計算できるためです。

の等級タイプ 少年たち このようになります


そしてこんな女子向けグレードタイプ

 

評定表でこれらの評定タイプを操作する

設定が完了すると、これらの成績タイプを成績表で使用できます。
男の子用と女の子用の XNUMX つの列を作成し、それぞれの成績タイプに、前の手順で作成した成績タイプを割り当てます。
数値 (Kms) を挿入するので、 テンキー セルの編集者として

データを編集すると、次のようになります。 Kms を入力するとすぐに、同じセル (0-10) にグレードの変換が表示されます。

世界 等級変換 各評定タイプで設定された値に従って、変換が自動的に計算されます


結果を XNUMX つの列に表示する

両方の列は、さまざまな方法でマージできます。 平均を使用します 空のセルをスキップ オプションが有効

この計算の結果の等級タイプは、必要な任意の等級タイプにすることができます。 これをさらに説明するために、異なる結果を持つ同じ計算を追加しました: パーセンテージ、テキスト、および 0-10 スコアとして

計算は次のようになります