数式関数: 平均

関数: Flexaverage と Average、Maxaverage、Dropaverage

説明:
平均関数は、無制限に選択された列の算術平均を計算します。
それぞれの機能には独自の特徴がありますが、ほとんどの場合、 フレックス平均 使用するものです。

フレックス平均

含まれるすべての列の算術平均。 空のセルをスキップ

FLEXAVERAGE (列、列、列、列 ...)
計算に含める場合は、任意の値 (pe 0) を XNUMX つの空のセルに挿入する必要があります。

平均

従来の理由から保持されていますが、実際にはまったく同じ es Flexaverage を行います。

最大平均

選択した列の N 個の最大値を取得し、それらの算術平均を計算します。
空のセルをスキップ


MAXAVERAGE (考慮する最大列数、列、列、列 ...)

ドロップ平均

列の選択の最小 N 値を破棄し、それらの算術平均を計算します。 空のセルをスキップ

DROPAVERAGE (削除する列の最小数、列、列、列 ...)

これらはサンプルデータです。 各セルには、各関数で考慮される値が表示されます。



関連記事

数式の結果の丸め
数式: IF 条件
数式、結果に制限を適用
初めてのフォーミュラ