計算から最低スコアを除外する

この記事は、古いバージョンの iDoceo に関する参照用にのみここに残されています。
式関数 ドロップ平均 スコアをドロップするよりも簡単で優れた代替手段です






この例では、それぞれがクイズのスコアを保持する 6 つの列を使用します。 最終結果はパーセントで表示されますが、最初に最低 XNUMX つのスコアを削除します。

スコアをドロップするための主な計算は「計算 - 条件」と呼ばれ、最初に設定 (ルーラー上) > 列エディターから有効にする必要があります。


これは、使用するサンプル データです。
6 つの Quiz 列は同じ Grade タイプ (この例では「0 から 10 まで」) を持っています。


6 つの列すべてを考慮した場合に得られる結果は、次のようになります。
新しい列、そのエディターを追加しました 「計算 - 足し算」と評定タイプ「0 から 100 まで」.
計算に慣れていない場合は、 (詳細を見る)。 この追加の構成に関するステップバイステップ

そして、これは2つの最低スコアを落とした後の結果になります

 

最初の条件を追加します。 クイズの最高値を表示

ここで、最終結果で考慮する必要があるスコアごとに 4 つずつ、XNUMX つの新しい列を追加します。
列には 「計算 - 条件」エディターを使用して、クイズ列の同じ成績タイプを構成します。 この場合、「0 から 10 まで」です。



これが結果であり、6 つのクイズの中で最も高いスコアを示す列です。

2番目、3番目、4番目の条件を追加する

その列をコピーして、残りの条件を作成できるようになりました。 重要なポイントは、オプションで適切な位置を選択することです '位置の最大値を選択'.

列をコピーした後、エディタが「計算 - 条件」に再度設定されていることを確認してください。


2 番目の条件は、2 番目に高いスコア (位置 2) を選択します。
3 番目の条件は、3 番目に高いスコア (位置 3) を選択します。
4 番目の条件は、4 番目に高いスコア (位置 4) を選択します。


設定が完了すると、4 つの条件は次のようになります。

最終的な計算を追加し、条件列を非表示にします

条件 1 から 4 が画面に表示されたので、最終結果を計算する「計算 - 加算」を追加できます。
新しい列「計算 - 足し算」をエディタとして、「0 から 100 まで」を評点タイプとして追加し、4 つの条件と「結果をパーセントで表示」を選択します。


条件 1 から 4 の列を非表示にします。 ヘッダーを長押し > 非表示
そして、これが私たちの最終結果になります

 

iDoceo にインポートするサンプル テンプレート

このサンプルをテストしたい場合は、iPad から下のこのテンプレートをタップして、 「開く」iDoceo.
パスワードは「12345」です