スコアと成績の平均を計算する

iDoceo で「平均化」できるものは何ですか?

短い答え: あらゆる種類のコンテンツを含むあらゆる列。 アイコンも。

手の込んだ: 成績表の各列には 「成績タイプ」または「成績評価尺度」 割り当てられた。 これにより、iDoceo は異なる種類の列と成績尺度を XNUMX 回の計算で組み合わせて、'計算' 同様に割り当てられた成績表またはタイプを持つ列。
これは基本的に、平均に任意の種類の列を混在させることができ、結果を成績、パーセント、またはその他の成績タイプとして表すことができることを意味します。

成績表に必要な数の計算を追加したり、結果を別の計算にリンクしたり、異なるタブの列を組み合わせたりすることができます (詳細はこちら).



簡単な紹介

この記事では、さまざまな種類の計算とその結果をグレード タイプごとに説明します。 本質的には、すべて同じ手順に要約されます。 

- ' を割り当てますグレードタイプ' スコア、成績、または独自の成績タイプのいずれかを各列に追加します。
- 列を追加 > 計算 > 加重平均
- 考慮したい列を選択します (ヘッダーをタップして)
- を選択 グレードタイプ 結果を表すもの (つまり、A から F、またはパーセントの 0 から 100)
- (オプション) 各列に重みを割り当てます。 デフォルトでは、すべての列に対して同じ重みが計算されます。


カスタム加重平均  

平均計算を追加した後、次のことを行う必要があります。 ヘッダーをタップ 結果を得るために考慮したい列の

これが最終結果です


単純平均、総点数とカテゴリ フォルダの構成は簡単です

単純平均

-を追加します カテゴリ/フォルダ . 成績表の右上にあるプラス記号をタップします
- を選択 グレードの種類 結果計算 望ましい (つまり、0 ~ 100 および加重平均


- 必要な数の列を追加します フォルダ内で、フォルダの XNUMX点 その後、をタップします 列の追加 .

列はフォルダが開いている間のみ追加できます。フォルダが閉じている場合は、フォルダ アイコンをタップして開きます。




- 終わった ! セルに試験の成績を入力し始めることができます。 メインフォルダの列 追加の構成なしで平均結果が表示されます。


結果をテキスト評定として表す 

前の例では、計算の成績タイプは一般的な最大ポイント = 100 として設定されていました。A から F までの成績として結果を表示するには、成績タイプの結果を「A から F の成績のテキスト」に変更するだけです。

評定タイプは個別に変更できます。 ヘッダーをダブルタップ > 成績タイプ
またはまとめて: ツール(上部バー)をタップ > 列を選択 > 編集 > 成績タイプ
独自の成績を作成したり、現在の成績を編集したりできます。 メインメニュー > グレードタイプ

これが最終結果です