データをバックアップおよび復元する方法

情報のバックアップを作成する

データを安全に保つ唯一の方法 iDoceo から作成されたバックアップを使用します。

すべてのデータのバックアップを実行する完全なプロセスは次のとおりです。
メインメニュー > 設定 > 復元する > 手動バックアップ > を割り当てる パスワード >選択 保管したい場所 バックアップファイル > バックアップ。

これは手動バックアップです。つまり、毎回自分で行う必要があります。 することをお勧めします。 定期的に行う または、現在持っているデータを保護したい場合。
 
iDoceo でデータを保護する方法は他にありません.
iDoceoのバックアップ
iDoceo データは、Apple の自動 iCloud バックアップまたは iTunes バックアップには含まれません。 それらのいずれかを復元すると、iDoceo はデータなしで新しいものとして表示されます。 iDoceo の手動バックアップを定期的に、特にデバイスを変更またはリセットする前に作成することをお勧めします。

データのバックアップ: iDoceo が提供するオプション

iDoceo には、バックアップを保存する場所として XNUMX つのオプションがあります。
1
それらをに保存します クラウド (Dropbox、Google Drive、OneDrive for Business、iCloud、WebDAV)。
2
ローカルサーバー (WebDAV) 家でも学校でも。
3
ローカルでオフライン オプションを使用して好きな場所で他の場所へたとえば、USB、Mac、iPad または iPhone、ハード ドライブなどです。
4
ここに記載されていないその他の場所: オプション付き 他の場所へ ここに記載されていないクラウド サービスにバックアップを保存することもできます。
iDoceoのバックアップ

バックアップパスワード

上の画像の最後のオプションは「バックアップ アーカイブのパスワード」です。これをクリックして、バックアップで使用するパスワードを入力します。

バックアップを作成する前にパスワードを入力する必要があります 以前に行ったことがない場合は、バックアップを復元するときに iDoceo が要求するパスワードがこのパスワードになるためです。

パスワードは変更できますが、それ以降に作成されたバックアップにのみ影響します。 古いバックアップには古いパスワードが必要です.

バックアップを復元していて、そのバックアップを作成したときと同じパスワードを使用している場合、パスワードは要求されません。 ただし、変更した場合、または新しいデバイスでバックアップを復元している場合は、間違いなく要求されるため、次のことが重要です。 パスワードを安全に保つ、 そのまま どこでも表示または変更することはできません バックアップ用。

バックアップ ボタン: フル バックアップとクイック バックアップ

Mac および iPad の左側の垂直メニューまたは iPhone のメイン メニューにあるバックアップ ボタンを使用して、バックアップを作成できます。 Full Backup, クイックバックアップ またはバックアップ 他の場所へ.

バックアップ ボタンの構成

iDoceoのバックアップ
それを使用するには、最初のステップはそれを構成することです メニュー > 設定 > バックアップと復元 > 手動バックアップ.

ここで選択します デフォルトのバックアップ システム (デフォルトでバックアップを保存する場所)および パスワードを割り当てる 記事の前半で詳しく説明したように。

場所をデフォルトとして選択するには、それをクリックしてオプションをチェックします 「デフォルトのバックアップ システム」。
デフォルトのバックアップ システムとして、任意のクラウド オプションまたは WebDav を割り当てることができます。 「他の場所へ」オプション (オフライン ストレージ) を既定のバックアップ システムとして設定することはできません。このオプションで作成したバックアップを保存する場所を常に選択する必要があります。

利用可能なオプション

iDoceoのバックアップ
1
フルバックアップ: これは基本的に手動バックアップと同じで、現在 iDoceo にあるすべてのものを保存します。
2
クイックバックアップ: このオプションは、すべてのデータ (クラス、学生、成績表のデータ、注釈、成績の種類など) を含む小さなバックアップを作成しますが、 リソースは含まれません (画像、動画、音声、ファイル、URL)。
3
他の場所へ: 「他の場所へ」をデフォルトのバックアップ ストレージとして割り当てることはできないため、このオプションを使用すると、 完全バックアップ バックアップ ボタンを使用してオフラインの場所に移動します。
オプションの下部で、どのオプションがデフォルトのバックアップ システムとして選択されているかを確認できます。

バックアップの完了にはどのくらいの時間がかかりますか?

これは、現在のデータ量とインターネットの速度によって異なります。 でも、 バックアップが終了するのを待つ必要はありません、iDoceo を起動するとすぐに作業を続けることができます。

バックアップはバックグラウンドで実行され、完了すると、 'バックアップが完了しました' 画面上のメッセージ。 このメッセージが表示されない場合、バックアップは完了していません。

「他の場所に」バックアップを行う場合、それはデータの量にのみ依存するため、通常ははるかに速く完了します。
画像

BOX または ownCloud を使用していますか?

画像
画像
BOX と ownCloud はどちらも WebDAV プロトコルをサポートしており、iDoceo でのバックアップ方法として使用できます。 見つけるだろう ここで具体的な指示。

自動バックアップ

自動バックアップ オプションは、次の場合にのみ使用できます。 iDoceo のデバイス間の同期を使用していません。 そのため、同期を使用していて、引き続き使用したい場合は、手動バックアップまたは完全バックアップを作成する必要があります。 自動バックアップを行うために同期を無効にしないでください、同期をもう使用しない場合を除きます。

構成が完了すると、自動バックアップは 24 時間ごとにスケジュールされ、増分バックアップとして機能します。つまり、データを復元できるようにするために (自動バックアップの実行を開始したため) すべてのバックアップが必要になります。

メニュー > 設定 > で設定できます。 復元する > 自動バックアップ >選択 バックアップを保存する場所 > バックアップ.
自動バックアップは、 クラウド オプションまたは WebDav. したがって、デバイスが持っていることを確認する必要があります インターネット・アクセス 次の増分バックアップの期日。

情報の復元: iDoceo のバックアップを復元する方法

バックアップ iDoceo アプリからのみ復元可能、暗号化されています。 その情報を取得する方法は他にありません。 iDoceo のバックアップ復元機能。

情報を復元する必要がある場合は、タップする必要があります メインメニュー > 設定 > バックアップと復元 > バックアップを復元 次に、選択したバックアップ方法 (バックアップ ファイルがある場所) をタップします。

その場所にある利用可能なすべてのバックアップのリストが表示されます。 復元したい日付のバックアップを選択してタップします。
画像

バックアップがダウンロードされるまで数秒待ちます。 確認を求められますが、引き続き復元を選択してください。

最後のメッセージは、変更を有効にするために iDoceo を再起動する必要があるというものです。 OKを選択 及び iDoceo を自動的にシャットダウンする.

もう一度開くと、データが元の場所に戻り、バックアップが正常に復元されます。
画像
バックアップを復元すると、 ERASE このデータはバックアップのデータに置き換えられるため、iDoceo に保存されている現在のデータ。 この操作 元に戻すことはできません.

iPad または Mac から iDoceo のアプリを消去し、App Store から再度インストールしても、バックアップ ファイルを安全に保管している限り、バックアップの復元は機能します。

iDoceo は、Dropbox、Google Drive、OneDrive for business、または Box とはまったく関係ありません。 すべての商標および登録商標はそれぞれの所有者の財産です。
自動バックアップを復元するには、 すべてのデータを復元するには、増分バックアップの完全なリストが利用可能でなければなりません。 つまり、すべて同じ場所にある必要があります。 それらが異なる場所にある場合は、手動で XNUMX つの場所に転送する必要があります。