生徒の写真を一括インポート

iDoceo は、生徒に写真を一括で割り当てる XNUMX つの方法を提供します
1
顔検出方式の使用
2
写真を一括でインポートして生徒に自動的に割り当てる (ファイル名が特定の基準に従っている場合)
3
学校の MIS によって生成された RTF ファイルのインポート
手動でインポートする場合は、 これがその方法です

顔検出機能を使用して写真をインポートする

- クラスを開く > 座席表 >道具 および 写真 - 一括インポート
- 各ファイルを学生にリンクするファイル名の基準を選択します (つまり、名前、ID、またはその他の個人フィールド)。
- 自動的に割り当てることができなかったファイルは座席表の下に表示され、各生徒に手動でドラッグ アンド ドロップします。
- 次のステップは、生徒の写真が保存されているフォルダを Dropbox または Google Drive で探すことです
- リストにすべての写真が表示されたら、 「複数のファイル」 モード、 すべて / ダウンロード
- WiFi 転送を使用している場合は、この時点で PC/Mac から写真を転送できます。

「一括インポート」オプションを使用して写真をインポートする

- クラスを開く > 座席表 >道具 および 写真 - 一括インポート
- 各ファイルを学生にリンクするファイル名の基準を選択します (つまり、名前、ID、またはその他の個人フィールド)。
- 自動的に割り当てることができなかったファイルは座席表の下に表示され、各生徒に手動でドラッグ アンド ドロップします。
- 次のステップは、生徒の写真が保存されているフォルダを Dropbox または Google Drive で探すことです
- リストにすべての写真が表示されたら、 「複数のファイル」 モード、 すべて / ダウンロード
- WiFi 転送を使用している場合は、この時点で PC/Mac から写真を転送できます。