以下の情報は参考用です。以前のバージョンの iDoceo に適用されます。
iDoceo 5 以降、デフォルトの作業モードはフルサイズです
コンパクト モードはレガシー モードであり、iDoceo 6 で廃止されました。

フルサイズモード

iDoceo は XNUMX つの作業モードを提供しました。 コンパクト 及び フルサイズ コンパクト モードは推奨されないため、フルサイズ モードでのみ iDoceo を使用することを強くお勧めします。
コンパクトモードからフルサイズモードへの作業モードは、メイン画面から変更できます 設定 (歯車アイコン、トップバー) > 作業モード

どちらも、スケジュール、ダイアリー、およびプランナーがどのようにリンクされるかに影響します。

コンパクトモード プランナーとカレンダーを持っていない

フルサイズ モードはカレンダーで動作します。 プランナー、タイムライン ビューが含まれており、単純または複雑なスケジュール、サイクルを作成し、休日を追加できます。 カレンダーの設定は、スケジュール、プランナー、ダイアリー、タイムラインでのクラスの表示方法に影響します。

あるモードから別のモードに切り替え続ける必要はありませんが、どちらを使用するかについて気が変わった場合は、都合のよいときに変更してください。 メイン画面/設定(歯車アイコン)/ワーキングモード

In コンパクト モードでできること:

  • 1 週間または 2 週間のスケジュールを簡単に設定できます。
  • 周期を設定する (平日の代わりに数字を使用)
  • クラスにリンクされた、またはテキストのみのタイムブロックに独自のテキストを追加します
  • クラスへのクイック アクセスとしてスケジュールを使用する

しかし、あなたはできません:

  • プランナーまたはタイムライン ビューを持っている
  • スケジュールにイベントを表示する
  • 休日を追加する
  • XNUMX 学期 (または何年にもわたって) のさまざまなスケジュールを追跡する

In フルサイズ モードでできること:

  • プランナーに、特定の週または日のすべてのクラス日誌を見せてもらいます
  • 特定のクラスのすべての期間を順番に表示するタイムラインを使用する
  • 考えられるあらゆる種類のスケジュールを構成します。 任意の週数、サイクル、6 日、9 日などの回転日サイクル。
  • 時間ブロックに短い「場所」テキストを追加する
  • 休日を考慮して、特定の週のスケジュールを表示します
  • クラスの日記をスケジュール設定にリンクします。
  • XNUMX 学期 (または何年にもわたって) のさまざまなスケジュールを追跡する

ピリオドとは

フルサイズ モードのブロックごとに、 期間.
期間は、「プランナーの行」と考えることができます。 それらは順番に並べる必要があり、同じ期間を割り当てることができるのは 20 日 XNUMX 回だけです。 最大 XNUMX 個まで追加できます。
期間はプランナーの行として順番に表示され、名前を変更したり、 設定 > Planner オプション


コンパクト モードでのスケジュールのヘッダー:

1 つの異なる週、スケジュール 2、スケジュール XNUMX から選択できます。または、日周期がある場合は、[平日の代わりに数値を表示] オプションを有効にします。
「カレンダー対応」ではないため、日付は表示されません




フルサイズ モードでのスケジュール、タイムライン、およびプランナー ビュー:


フルサイズのスケジュールは「カレンダー対応」で、特定の週、休日、およびイベントの予定されたクラスを知っています










関連記事:

プランナーの基本
スケジュールの設定 (フルサイズ モード)
方法: カレンダーで XNUMX 週間 (複数可) を複製する












© 2011-2023 iDoceo Studios Ltd.